喪服 のことなんですが、これって専用にしたほうが良いと思ってます。でも現実には冠婚葬祭用スーツなるものがあります。この冠婚葬祭っていう言葉は単なる日本の4大礼式(儀式)の略というかまとめて言ったこと。

こんにちは~~。オーダースーツ専門 野路洋服店の元ユナイテッドアローズ メンズドレス担当の野路純平です。

[ 喪服 は専用をおススメします]

その冠婚葬祭という言葉の中で、葬だけなんか気分が違うと思うんですよね。だから着る服もちがってなきゃいけないと思います。

マナーとかもあるでしょうけれど、冠婚葬祭用として1着ブラックスーツをもっておけばよいとなると、お葬式で着た同じスーツをお祝いの席である結婚式にも着て行くってことになるんでしょ。結婚式をする側からしたら、そんなの(失礼かな?)着てこられたらイヤでしょ。一生に一度という超ゼツ特別な日に。ネクタイだけ替えて。いつも仕事で着ているスーツを着てこられるのもイヤですけれど(笑)ネクタイだけ替えて。

ボクが結婚して福井で親戚達にお披露目をしたときには、黒いスーツは着て来ないで下さいっていうドレスコードにしました。もし、そのシバリを作らなかったら、みんな真っ黒クロスケで葬式みたいな集まりになってたでしょうね。想像しただけでゾッとするわ(笑)

そういうことからも、喪服は喪服専用として1着持っておくのがよいと考えてます。おススメする生地もブラックスーツのブラックよりも濃いというか深いブラックの生地をおススメしてます。

そうすりゃ絶対にビジネスとかお祝い事に着て行きにくいでしょ(笑)

っていう冗談はさておき、実際に喪服というのは深い黒なんです。

冠婚葬祭でのお葬式は喪服を着て、それ以外のお祝いは礼装(正、準、略)を楽しんだほうが良いと思います。何と言っても、主役の人は喜んでくれると思いますよ。自分のためのその日のその場のために特別な装いをして来てくれたってね。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

野路洋服店 野路純平

野路洋服店ご予約フォーム